MENU

カンジタの症状と治療法

カンジタは、トリコモナスやクラミジアと同じ性感染症と認識されています。しかし、カンジタはカビの一種であり、人間の皮膚内に潜んでいます。性交渉でも発症しますが、体の抵抗力が低下するとカンジタ菌が増えて発症することもあります。

 

主な症状としては、女性の場合はおりものが独特のものになります。ヨーグルトや酒粕のように、白くぼろぼろとした状態になるので、すぐにわかります。男性の場合は、かゆみや尿道炎を引き起こします。

 

カンジタの治療期間は、1週間ほどで治癒します。治療を開始すると3日程で症状がなくなるので、比較的早く治ると認識されます。治療方法は、抗菌薬や軟膏を部位に直接粘膜につけ、カンジタ菌を排除します。しかし、菌はまだ残っているので、症状が収まった後も2週間は続けます。

 

カンジタの治療期間は1週間ですが、完治までには2週間と考えた方が良いでしょう。再発を防止するためにも、症状が治まったからと自己判断でやめるのではなく、医師の指示を守りましょう。カンジタの治療期間が短い分、再発率も高い感染症です。